ガラサー山!夕陽を見ながらの散歩は最高!

      2016/10/02

船(フェリー)から降りるとすぐ見える大きな岩山、ガラサー山というものですが、実はここ、太陽が落ちる夕方の散歩に凄く最適な場所なんです。

まず最初にガラサーヤマとは?

本来、神人(カミンチュ)が信仰した聖地で、「知仁御嶽」(チジンウタキ)と言う名前があるそうです。
また、「ガラサー」とは、カラスのことで、カラスが群がる山からこの名がつき、別名「男岩」とも呼ばれています。
北側にある「ミーフガー」(女岩)とは対となっており、夫婦円満の意味もあるそうです。 また、パワースポットにもなっています。

そのガラサー山付近の防波堤を夕方に散歩した体験談をお知らせしたいと思います。

ガラサー山

この防波堤をガラサー山に向かって歩きます。

ガラサー山散歩道

端までの距離は推定2kmくらいだと思います。凄く長い。
途中足場の悪い所もあるので注意が必要です。

ガラサー山防波堤

夕陽に照らされた漁師の船。

久米島の夕陽

海にうつる夕陽が絶景です。

ガラサー山から見える夕日

この時は、風も少しあり波の音を聞きながらリラックスできて散歩をすることができました。
こういった場所は、なかなか都会では体験できないところなのでおすすめです。

場所

ガラサー山場所

<<スポンサーリンク>>

格安航空券ゲットならココがおすすめ!

格安航空券検索ならエアータウン

search_btn_on
今、一番安い航空会社を簡単に検索することができるので調べてみる価値ありです('ω')ノ

 - 観光・遊び